お店のリピーターを増やそう【飲食店の売上アップ法を紹介】

施術

整骨院の経営をサポート

接骨師会は接骨師や柔道整復師の任意団体で、レセプトによる保険請求業務を代行してくれるため、繁雑な事務作業を省略できるというメリットがあります。また経営相談やセミナーなどを開催している接骨師会も数多くあります。

レジ

チェーン化のネックを解決

チェーン化することで顧客の需要に対応することが可能になっていますが、販売状況の管理が逆に大変になります。これをリアルタイムでできるようにしたのがposシステムです。コンビニエンスストアなどをはじめとして導入されています。

入れる時期が重要

お店

イベントの集客効果を狙え

飲食店で売上げが落ちてきたと感じたとき、チラシを入れようと考える人は多いでしょう。インターネットが普及した今でも、新聞の折り込みチラシの影響力はまだまだ多く、利用する価値は高いと言えます。しかし、売上アップを狙ってやみくもにチラシを打つというというのは得策ではありません。宣伝効果の見込める時期を狙って入れることが重要となるのです。例えば、飲食店において月ごとの売上高をデータ化してみると、まずは12月が多いことに気づきます。これは忘年会シーズンであり、多くの飲食店がこの時期はもっとも稼ぎ時であると言えます。次に8月も利用が多い月です。和食や寿司屋などの飲食店は特に売上げが見込める月で、理由はお盆シーズンがあるためです。家族が集まり、帰省することも多いこのシーズンは、人が多く集まれる飲食店にとっては集客力の高い月なのです。また3月も同様に集客が見込める月です。年度が変わる節目の月であり、卒業式や入学祝、送別会など小さなイベントが多い月でもあります。このように、年間を通してイベントをチェックすることは、売上を考えるうえでとても重要なことです。売上げが落ちたからチラシを配布するのではなく、どうせチラシを作るのであれば、この打ち上げが伸びる時期を狙って配布した方が、より集客数が見込めるのです。広告宣伝費というのは意外に費用が掛かり、一度作るだけで何十万、何百万となることもあります。確実に売上を伸ばすためには、最も効果の高い時期を狙って入れることが成功のカギなのです。

相談

東南アジアでのコンサル業

インドネシアへの投資をサポートするコンサルティング事業に携わるためには、現地の経済状況や労働環境について知識を深める必要があります。そのうえで、投資のスタイルに応じて現地での投資事業における人材管理などが行える力が欠かせません。