お店のリピーターを増やそう【飲食店の売上アップ法を紹介】

東南アジアでのコンサル業

相談

海外では投資活動がよく行われていますが、近年では日本でも株などの投資を楽しむ方が増えてきています。そして、国際的な投資先として人気なのがインドネシアで、このエリアへの投資家の増加に伴い、インドネシア専門のコンサルティングを行いたい方も増加しています。コンサルティング業を営む方がインドネシアに進出する際に知っておきたい情報についてみてみましょう。インドネシアへの投資のコンサルティングは、日本と経済事情などで大きく異なる点が多いため、まずは現地の状況をしっかりと把握する必要があります。会計や事務的な手続きはインドネシアでは曖昧なこともありますが、日本からの投資では明確な情報を望む方が多くいます。そのため、あらかじめお金の流れや契約内容をはっきりと示すように投資先と調整する必要がコンサルティングには欠かせません。また、インドネシアの近年の急成長は著しく、株価などのレートが大きく変化していく可能性もあります。そのため、経済についての知識と投資に関するコンサルティングの経験から、今後の投資のリスクやメリットに関して見通しを立てる力も大切です。株だけでなく、自らインドネシアで事業を展開するために投資を考えている方も少なくありません。このような投資家のニーズに応えるためには、現地の労働環境やビジネスのやり方に精通し、うまく人材の管理を行える能力がコンサルティングには求められています。